Post

能登島 無計画ツーリング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

能登島 無計画ツーリング

嫁と息子がママ友とその子供たちで4/1に遠足へ行く計画を知ったのは2週間程前だった。
「お、そうか。行っておいで!」 とポーカーフェイスで言いながら、心の中でガッツポーズ

だが、前日の午後から雨が降り出す始末 
この間もツーリングに行くつもりで有休を取った日も雨だったな 
今回もそうだが、快晴が続いてたのにその日に限って...。

おかしい。 年始に引いたおみくじは久々の大吉だった筈だ。

まぁよい。
天気予報によれば夜中の2時には上がるらしいのだ。
それなら朝になれば路面も乾いているだろう。

前々から行こうと思っていた竹田城跡に行く計画を立てて就寝する。

そして今朝、目が覚めて何気に外を見てみる。

雨、ふっとるやないけぇ 

天気予報め、外しやがって。
そうか...今日はエイプリルフールだからな。 フッ。

最新の1時間刻みの予報では8時には上がると出ているから、とりあえずガレージに行って待機する事に。

ガレージで、空気圧を見たりクールロボの充電をしながら待つが、9時になっても雨は上がらない。
というか、ガレージに打ち付ける雨音は強まっている。

暫く、雨雲レーダーを見ながら考えた。
ここの雨が収まっても、西に向かう際に越える山で降られる可能性が濃厚じゃん。
が、北に行けば雨雲も無く晴れマークになっている。

てな訳で、急遽石川方面へ行くことに。
まだ少し降ってるけど、北に向かえば直ぐ止むだろうって事で出発!

天気が冴えないまま、ひるがの高原SAに到着。
ひるがの高原SA
ここに到着するまでもそうだったが、脇に雪が残っている。
よって、寒い 
この時すでに12時を回っているから、東海地区に残る希少なサークルKで軽めの昼食を調達し、寒い外で食べた。

ごみを捨てに行きがてら、近くにあった高台に登って、走って来た道の方角を確認。
ひるがの高原SAから南の方を望む
まだまだ天気は冴えない。
がっ、進行方向を見ると...。
ひるがの高原SAから北の方を望む
ええやないかい
時間も押しているので、長居せずに出動!!

だが、この後能越自動車道に入っても曇り空が続く。

ひるがの高原SAで見た青空は何だったんだ。
と思いながら北上すると、どうにかこうにか空が青くなってきた。

ガス欠寸前で泣く泣くバイパスを降りてZ1000に給油した先の海岸で記念撮影。
富山湾とZ1000
本当は能登半島の先っちょまで行こうと思っていたが、無謀過ぎると悟る。
ここで諦め、目的地を能登島に切り替えた。

能登島大橋を渡り、能登島を走っていると控えめなワインディングもあるにはあったが、
車も走っていたし、スイッチの入る様な道じゃないから下品な走りは控えた。

そんなこんなで、タイヤの感触も確認できないまま道の駅に到着。
道の駅のとじま
15時を過ぎていることもあり、客もまばら。

土産を物色していると、お店の方から5%OFFの券を貰った。
買い物をすると、今度はソフトクリーム¥350⇒300の券を貰う。
商売上手ですな。

そんな流れも手伝い、ソフトクリームを調達。
道の駅のとじまのソフトクリーム
SNOWのアプリで先端を伸ばした画像では無い。
いつもそうなのかは知らないが、元々長かったのだ。

ソフトクリームを買うと、今度は...。
さすがに無い。 どうやらココが割引券のゴールの様だ。

ソフトクリームを平らげ、出発の準備をしながらYAHOOカーナビの「自宅へ行く」を押すと、帰宅は19時過ぎだと教えてくれた。

だよね。

ここまで、ただひたすら天気の冴えない高速を走っただけなのに...。
そこには、出発も遅かったし、そもそも遠い石川県へ強引にやって来た事を少し後悔している俺がいた。

折角ここまで来たんだから、晩飯を自宅で食べるのは諦めて島を一周だけでもしておこう。
ここから先も攻める様な道は無く、ここで生活する人々の前をのんびりと走り去った。

そんな感じで能登島を一周し、行きにも使った能登島大橋を渡る。
そして、橋のすぐ脇にあるパーキングに記念撮影の為に立ち寄った。
ろくに写真撮ってないしな。

Z1000の後ろに見えるのが、能登島大橋。
能登島大橋とZ1000
パーキング横の公園を少し歩くと、能登大橋のすぐ横だ。

能登島大橋
この橋は1982年からあるらしい。
それまではフェリーだったそうな。

本当は橋の上で写真を撮りたかったんだけど、縁石が高めの造りになっていて、ここで止まる事はできない。
橋の真ん中がモッコリ...こんもりしてて先が見えないから、それをやられると危険なのだろう。

戻りながら改めてバイクを見てみると、汚れが白い。
塩カル汚染
泥の汚れじゃねぇな。
これは塩カルにちげぇねぇ。
塩カル汚染
スクリーンにも白いツブツブがある。
コイツには見覚えがあり、嫌な記憶が蘇ってきた。

雪が降る和歌山ツーリングの後、1週間でチェーンがサビサビになった事件があったのだ。
確かにひるがの高原付近のアスファルトが白かったんだよな。
路面は濡れていなかったとはいえ、塩カルを巻き上げてたのか...。

帰ったら水洗いだけでもしないとな。 トホホ 

そこからすぐに無料のバイパスに乗り、東海北陸道の手前にある能越自動車道の料金所で¥150を必死にポッケから出す。
ローカルの有料道路は現金処理となるから、バイク乗りにはしんどい。

小銭をしまうのと、これから走る東海北陸道に備えてインナーを着込む為、福岡料金所のパーキングで停車。
能越自動車道 福岡料金所
もう日が暮れるばっかりだ。
このまま行けば、東海北陸道は真っ暗だな。

この後、日の沈んだひるがの高原SA手前の気温は-2℃となっていた。
Z1000もビンボーランプが点いてるし、俺も腹減ったから、わざわざ寒いSAで休憩することに。

ラーメンで体を温め、残りの距離を走れるだけの給油を済まして出発。

トンネルを幾つか抜けると...小雨が降ってやがる

そこそこのペースで走っていたが、暗中の雨は路面状況が把握できなくて怖い。

そこからペースダウンし、ガレージに着いたのは9時半だった。

さてと、洗車すっか
もう、塩カルには懲り懲りだ。

本日のルート。
能登島ルート
チ◯毛みてぇだ。

先っちょを拡大すると、こんな感じ。
ルート詳細
今回初めてSatechiのメディアボタンとナビうまを使ったけど、結構いい感じだった。
ガレージで事前確認した時はグローブをしてなかったからこスイスイ操作できたけど、グローブ付けると指先が余ってる分だけ少し押しにくいけど、慣れれば問題ない。

特にナビうまは快適に操作でき、ガソリンスタンドをタイムリーに探したりと活躍した。
Satechiは連射したり押し間違いもあったが、夏用のグローブでは大丈夫だと信じている。
関連記事

 能登島

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。