Post

チェーン 525⇒520コンバートとThreeD効果

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェーン 525⇒520コンバートとThreeD効果

3月に和歌山へツーリングに行った時の道中で塩カルが撒かれていたらしく、チェーンに激しく錆が浮いている。

走行中の汚れ方がいつもと違ってたから、やな予感はしていたんだよね。

09年式Z1000 サビサビチェーンと苦労したスプロケットナットの取り外し後


耐水ペーパーで表面を蘇生しようと試みる ⇒ バリバリ手仕上げ感が出る ⇒ 1リンクだけ処理して無駄だと悟る

ぬぅぅぅ、走行距離14000km弱かぁ。
あと5000kmは使いたかったけど、しゃ~ない。
それっぽい言い訳を嫁にかまして、出費の了承をゲットできた...気がする。

という事で、嫁の気が変わらない内にウェビックに速攻でアクセス!!
しかも、ちょうど今、スプリングセール中なのだ。

前々から
「チェーンを交換する時は520へコンバートするに決まっとるがや(名古屋弁)。」
とウェビックの買い物かごにかれこれ1年程入れっぱなしだったThreeDのブラック&ゴールドチェーンと、
サンスターの前後スプロケットが、ようやく注文される運びとなった。

というのが、数日前のお話し。
さぁ~てぇ、ブツも届いたし、この為に休み取ってるし、サクッと組んじゃお。
すぐ終わるっしょ!

とマジで思っていた。昼までは...。

まー外れんね。ドライブスプロケットナット。
インパクトでガリガリしまくったが、圧縮エアを無駄に消費してるだけにしか思えなかった。
しかも、インパクトの振動でチェーンから錆がモーレツに落ちてきた。よかった、チェーン延命しようとしなくて。

そこから潤滑油スプレーするわ、ブレーカーバーをパイプで延長してオラオラするわ、色々と手は尽くしたが無情に時間だけが過ぎていく。

あか〜ん。グーグル先生に聞こう。
ん~、やっぱりみんな苦労している様だ。バイク屋で外してもらっているのか...。

しょうがないな。バイク屋で整備をお願いしたことなんて、20年以上前しかないけど、行ってみっか!!

と、先にチェーンのピンをグラインダーで削っちゃった状態のまま、恐る恐る出動。

おいおい。近所のバイク屋、休みばっかりやん。
なんて日だっ。

ヤマハとBMしかダメだとか、何軒かやっていたバイク屋にも色々な理由で断られ、
藁をも掴む心境で○りんかんに駆け込んだ。

店員「どうやって帰るんスか?」
俺「また軽くしめといて(^∇^)」
店員「作業責任を負わないといけないので、対応できないよん。車に乗っけてきたらOKだけどね。」

まじか~。
でも、そりぁそうだ。
最後にナットの外し方を聞いてみると、インパクトだという。
やっぱ、ホムセンで買った安モンでは無理ってことか。

くそ~、もう自分でやるっきゃねー。最悪、まともなインパクト購入するしかないなぁ。
って事で、再びガレージに戻って作業開始。

戻ってからも色々やった挙句、リアブレーキ踏んだ状態でブレーカーバーに超ロングパイプを突っ込んで、もうどうにでもなれってやったら、
ナメた時に近い感触が手に伝わってきて、ブレーカーバーとソケットが斜めに弾かれながら地面に落ちていった。

あ~ぁ。ナメちまったか、終わったよ。ナット割るしかねぇ。
と思いながら見てみると、ナットが緩んでるっ。

キタ━━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━━━━!

って写真が上のヤツです、はい。
ではでは、いつもどおり量っていきますか。

09年式Z1000 ノーマルドライブスプロケット重量(15丁)

外れた525純正ドライブスプロケット。
ふむふむ。206gなのね。

よっしゃ、サンスターの技術力みせたれや。

09年式Z1000 サンスター520ドライブスプロケット重量(15丁)
⇒ウェビック

217g。 (+11g)
おおおおおいっ。
同じ歯数(15丁)なのに520にコンバートして重くなるって...。
コンバート目的知っててやってますの? サンスターさん。
多少値が上がっても軽くしてほすぃ~な~。
でもあれか? ドライブ側は、ちっちゃいから慣性が気にならないレベルってことなのか?
でもSS系は、穴空いてるし...。

気を取り直して、ドリブン見てみますか。

09年式Z1000 ノーマルドリブンスプロケット重量(40丁)

525純正ドリブンスプロケットは、744g っと。
塩カルですごい汚れたんだけど、その汚れが取れない。 今まできれいな銀色だったのに。

09年式Z1000 サンスタードリブンスプロケット重量(40丁) 
SUNSTAR ジュラルミン ハードブラック ⇒ウェビック


んで、サンスターは262g。(△482g)
おお~。期待どおり
こちらも、もちろん純正と同じ歯数(40丁)での比較。
材質も変わってるから、これくらい軽くなって当たり前だわな。
ブラックハードアルマイト仕様(品番:RK-110BKH-40)なので、少しだけお値段は高め。

じゃ、最後にチーン。    ...いや、チェーン。

525サイズ サビサビノーマルチェーン110リンク重量

純正 525 / 110リンクで 2096g。
耐水ペーパーで磨いたリンクはどこでしょう?
ちなみにThreeD 525Zの場合は2058gになるようだ。(△38g)

ThreeD 520Zの110リンク重量 
EK ThreeD(スリード)チェーン 520Z ⇒ウェビック


ThreeD 520Z / 110リンクで 1816g。 (△280g)
期待した程、軽くならねぇなぁ。でも、極力スリム化しているのだから、これが限界なんだろう。
見た目はカッコいいし、仕上げも丁寧なので良しとしよう。

てな訳で合計 △751g の軽量化。

さて、この数値がどれぐらい体感できるか早く乗ってみたい。  ・・・インプレは「東尋坊ツーリング」で!

にしても今日は、ストレートのトルクレンチアダプターの設定もバグるし、チェーンのカシメも失敗するし、ドリブンスプロケットにはナゼか「Sample」って彫ってあるし。
なんて日だっ!

09年式Z1000 純正525⇨ThreeD520コンバート後
あ、アンダーカウル付け忘れてる。


09年式Z1000 純正525⇨ThreeD520コンバート後
さりげなくドリブンのスプロケットとスプロケナット、
ドライブスプロケカバーとその固定用アルミボルトを黒/金で統一してきたのだが、それがようやく完成!
関連記事

 ThreeD 520コンバート

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。