Post

スプロケットナットのアルミ化

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプロケットナットのアルミ化

ドライブスプロケットカバーを製作するにあたって、プロボルトでアルミのボルトを手配することに決めていたが、
アルミボルト4本だけだと、金額の半分ぐらいが送料になってしまって、なんだか悲しい。

ってな流れから、もともと購入するつもりは無かったアルミのスプロケットナットも一緒に買ってみた。
ナゾなのが、1ヶ単位で買うと¥400/ヶぐらいで、6ヶセットだと¥2800ぐらいする...。なぜだろう。
もちろん1ヶ単位で6ヶ注文した。

このとき、プロボルトジャパンの所在地が普段仕事でおじゃまする会社のすぐ近くであることに気づいていた。
仕事帰りによって、送料を浮かせられるんじゃ...などと考えていたが、日本で在庫は持たず海外から随時取り寄せの様なので地理の恩恵は受けられず。
そんなこんなで、スプロケカバー用のボルトと共に無事に送られてきた。

まずは、ノーマルナット6ヶの重量を測定。
09年式z1000 純正スプロケットナット重量
54gなり~。 ま、そんなもんだよね。

対して、アルミナットの重量は、
アルミスプロケットナット重量
29g。 ということで、△25g の軽量化。

アルミナットと言えども、高トルクで締め付ける必要がある為、ヘリサートが入っている。
これで、44N・mの締め付けトルクに耐えるらしい。

サービスマニュアルの数値より低いが、気にしない。

にしても、このカスタムは作業が楽!!
他に外す部品が無く、1ヶ1ヶ交換していけばいいのでありんす。

当たり前だが、この軽量化の効果を体感できたらスゴイ人間だと思う。 もちろん、俺にはムリ。

実は、いつかチェーンがヘタった時に、黒/金のThreeDでの520コンバートを企てていて、
その日に向けてチェーン周りに統一性を持たる事が、今回の目的だったりする。

スプロケットカバー取り付け、スプロケットナットアルミ化

今の段階では、こんな感じ。
関連記事

 スプロケットナット

Comment

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。